2017年 第5回榛名湖マラソン その1

2017年 第5回榛名湖マラソン その1

当時は6:15~7:15まで高崎駅前からシャトルバスが順次出ています。
6:15だとちょっと早い気もしたので6:30頃にシャトルバス乗り場へ。
バスの定員になったら発車していきました。
パンフレットではバスで1時間と書かれていましたが、早朝で道も空いていたので
45分位で着きました。

そして、道中ですが凄い坂を上っていきます。
このレース、標高が1,000mの場所なので日本一高い「公認コース」らしいです。
そもそも、この大会に出ようと思ったのは

・9月に練習としてフル1本走っときたかった
・練習のつもりなのであまり遠くでない所
・そういえば群馬の大会一度も出てなかった

くらいの理由で申し込みました。するとtwitterのフォロワーの方から

「よく申し込みましたね、自分は坂がキツそうなんで無理です」
「凄いタフなコースなんで頑張って下さい」

のようなメッセージをいくつかいただきました。
「え?きつくて有名なの?そんなの知らなかった…」
というのが正直な所で、周回コースだからあきるかなーくらいしか考えてませんでした。
まぁ、練習にはキツイくらいがちょうど良いか、時期も時期だしタイムは期待してないし
特に今日に向けて調整とかもしてないし~とスタートまで思っていました。スタートまでは。

さて、バスが会場に着いた後は受付へ行きます。
人数があまり多くない大会2,000人程度なので会場はコンパクトに収まっています。
受付もスムーズで並ぶことなくゼッケン等をもらいました。
人数がそんなにいないと言っても会場の中心は結構人がいたので、少し離れた場所で
ゼッケンをつけたり着替えをしたりします。
服装が整った後は、トイレへと向かいます。やはり会場の中心部は混んでますし、
簡易トイレは狭いので奥の方の施設のトイレへ行くと一人並んでいるだけでした。
当たり前かもしれませんが、中心から離れている方が人も少ないし、綺麗な所が
あったりするんですよね。

榛名湖←榛名湖

トイレも無事済ませ、ちょっとお腹にものをいれたり給水した後は荷物を預けます。
ここもやはり空いていてスムーズに荷物を預けました。
そしてスタート地点に向かおうと思いましたが…スタートがどこだか分からない。
ゴールは会場近くにゲートがあったので分かったのですがそこではないらしい。
大きな大会だと会場に大きめの地図があったり、スタート位置への看板があったりしますが
そういう規模でもないので小さめの案内を見つけて、そちらの方向へ向かいます。
放送では「ロープウェイふもとの~」と仰っていましたが、初めて来た人はロープウェイの
場所がピンと来ないと思うんですよね~確かに山を見るとロープウェイあるんですけど。
少し迷いつつ、スタート地点に行くとまだ少し余裕があったのでそれほど人は多くありませんでした。
今回は一番前のブロックとなっていましたので、ブロックの真ん中よりやや後方に位置取りしました。
当然最前部に行くほど実力はないので後ろの方に行きます。

スタート前は市長などの挨拶といったお決まりのものが続きます。
そして、知らなかったのですが今回ゲストランナーが「竹沢健介」でした。
北京五輪にも出場された方です。ちょっとテンションが上がりましたが、コース上で
姿を見ることはありませんでした…

そんな感じでレースが始まります…

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告